面接で好印象を持ってもらえる目線とは

昔は面接のスタイルに集団スタイルも多く見られましたが、大手企業や人気のあるお店などでは応募者が多いことから書類選考後に集団で面接をしていました。

集団と個人の面接の違い

面接で好印象を持ってもらえる目線とは 昔は面接のスタイルに集団スタイルも多く見られましたが、大手企業や人気のあるお店などでは応募者が多いことから書類選考後に集団で面接をしていました。しかし最近は個人スタイルの面接が主流になっており、ある程度書類選考や電話で人選をしてから個人の面接をすることが多くなっています。集団面接と言うのは5人くらいずつでする面接のことで、その場合には面接官というのも3人から5人くらいいることが多いです。集団面接の場合には他のライバルの人も隣にいながら受けますので、会社やお店側からすればその場で人材を比較する事ができるメリットがあります。

そして今主流になっている個人スタイルの面接というのは、一対一であったり1人に対して相手側が2人くらいである事が多いです。個人スタイルの面接では同じ面接を受けるライバルがいても一人ずつなので、受ける側である応募者にとっては冷静に自己アピールをすることができるメリットがあります。個人スタイルの面接ではじっくりと話をすることもできますし、細かいことも色々聞くことができるというメリットもあるので転職のときは向いています。どちらのスタイルになっても対応できるようにすることで面接に強くなります。

PR情報

Copyright (C)2019面接で好印象を持ってもらえる目線とは.All rights reserved.